第1回  ハン検1級語彙/語法 MUJINJANG KOREAN

 

出題が基本無制限とされている1級ですが、

はじめの「プレ講義」で、昔おこなわれていた準1級を含め、過去問分析から見えてくる、

出題語彙の‘好み’とその‘流れ’を把握します。

 

その後の問題演習で、1級受験に値する知識量であるかを確認し、

さらに、これまでの過去問がまだ踏み込んでいない領域にも目を向けて、

できる限り幅広い語句に触れて、この回のタイトル通りに「尽きない語彙力」を作ります。

 

ちなみに出題語彙・語法の意味/解釈は、問題文訳を書く時を除き、基本は韓国語でおこないます。

一方で、日本語ネイティブ向けの試験であるハン検に則して、より自然な日本語訳も追求し、

第6回の韓日訳問題編につなげていきます。

 

 

 

第2回  ―ハン検1級に達するからこその―  韓国語文法総整理

 

1級で問われる、接続表現を主とした文法問題は、ご存知の通り出題数がそれほど多くなく、

1級受験段階まで韓国語を学ばれた方々にとっては、感覚的にも見通せることも多く、

ここからさらに、基本を完璧にマスターすれば、問題によっては、

問題文中の語句をほとんど知らなくても、3級程度の知識で解けたりします。

 

そのことを「プレ講義」で確認します。

 

世に言う‘基本文法’の究極的習得を目指し、

そこから未知なる項目も類推できるようになる道標を手に入れましょう。

さらに最近よく採り上げられ始めた、慣用表現という形での‘複合技’にも対応できるようにします。

 

ちなみにこの回で、本試験(過去問)にある、語法も含めた誤用問題も扱います。

「プレ講義」では、誤用問題を通じて、どんな語法・文法を訊いてくるのかを確かめますが、

レベルは相当高いです。頑張りましょう。

 

 

 

第3回  ハン検1級・会話文問題解法 徹底研究ゼミ

 

続いて、会話文の形で語彙・語法の確認と共に、『会話』そのものの根本にも立ち返りながら、

短時間かつ明瞭簡潔に会話文問題を解く術を身に付けます。

 

そして、会話文中に配置された難解な語句をかいくぐり、文法という最も基本的な論理を駆使して

正答を絞り出す方法も、「プレ講義」であらかじめ学んだ後に練習します。

 

当たり前のように、満点を獲りましょう。

 

 

 

第4回  ハイレベル韓国語長文問題解法研究

 

まず、当校のオリジナル問題で、2級レベルを振り返りたいと思います。

ハン検1級を目指す上で、語彙・文法を今一度見つめ直し、複合させて、

そこから読解へとつなぐ点検と構築をこの回で目指します。

その後、過去問レベルに徐々に近づいていきます。

 

この講座の第3回までに学んだことを土台に、韓国語の世界ではあまり語られていない、

「論理」に則って、

 

‘ロジカルに読む(文の内容を掴むために、論理{ロジック}のフレームの中に入れながら読む)’

 

ことで、難しく見える問題文もサクサクと読んで解答することを練習します。

 

 

〔長文が読める = 日本語に訳せる〕という発想とレベルから卒業しましょう。

韓国語系検定試験の最高峰を受験して合格するとはそういうことだと思います。

 

南北両正書法による素材を使用します。

 

 

 

第5回  プレミアレベル韓国語長文問題解法研究  ―これでハン検を卒業する―

 

第4回での〔プレ講義 → 2級レベル長文読解〕を経て、

この回で、過去問準拠の問題を主に解きます。

2006年度の出題基準改訂前の回も含めての過去問分析から考えられる多様な問題形式で、

現実的に最高ランクの練習をおこなっていきます。

 

なので、難易度は一部過去問レベルをやや上回ってもいますが、

1級合格力を究極へと引き上げるために、ぜひご活用くださればと思います。

この回も、南北両正書法による素材を使用します。

 

 

おまけとして、1級を超える「0級問題」も設けました。

素材はあくまで社会生活の範囲内のものです。挑戦してみてください。

0級問題の解き方も、「プレ講義」で確認します。

 

ハン検筆記問題対策の、事実上最終到達地点にて、

膨大な知識を寸分たがわず使うための「論理」の大切さを、本試験前に再認識しましょう。

 

 

 

第6回  ハン検1級翻訳  ―私が日韓のかけはしになるために―

 

過去問を徹底分析し、‘常連さん’の確認と、今まで出題されていないパターンを主に扱い、

多種多彩な‘ネタ’で練習し、日韓を自由自在に行き来するための知識と技術を探求し、

‘必死的に’身に付けていきましょう。

 

日韓・韓日訳は、両国語が酷似しているからこその面白さがあります。

それを堪能できれば、全問正解は‘寝ながらもちを食べるようなもの’です。

1級受験者となると、既に韓国語を実用されている方もたくさんおられると思いますが、

今以上に「日韓のかけはし」になりましょう。

 

ここでは、記述式ですので、他の生徒さんの解答例も拝見します。

 

 

 

第7回  聞き取り・書き取り演習  ―最後の壁を超える1級リスニング―

 

1級の受験経験がおありの方なら気づいていらっしゃるであろうこととして、

1級のリスニングは2級以下よりも、音声を聴いて分かればいいというレベルではありません。

そして、聞き取り試験自体は、普段の韓国語リスニングとは違い、

その後には比較的長い問いに対しての、選択肢による‘解答’という作業が待っているからです。

 

「聴解」の根本に立ち返りましょう。

 

音読・シャドーイング・ディクテーションの基本練習を再熟考・実行し、聴いた内容が理解できて、

1回の朗読で聴いた内容が理解できて、その後に問われていることに正確に答えるとは

どういうことなのかを見きわめます。

そしてどうすればいいかも考えて、リスニング問題の解法を研究・実践し、

最低でも30は獲る力を作り上げていきます。最後の壁を超えましょう。

 

 

 

第8回  再構築編 ―完璧にできるようになるまで繰り返し解く―

 

ここまでの解答で、間違った問題や、正解しても理想的な解答とずれている問題については、

この回でもう1度解きます。もちろん、『リーズニング』もあらためておこないます。

 

 

대비학습 돌이켜 보기(対策学習振)〕での確認

自分の得意/不得意が明らかになりますが、不得意と得意にするために、理想的学習順序で重要な、

 

〔やってみる ⇔ できる〕

 

の課程を繰り返します。

 

最高ランクの韓国語を学ぶこの講座を完璧に仕上げて、『最高峰』の頂(いただき)に立ちましょう!